LOHAS OIL blog 「促進耐候性試験結果|自然塗料LOHAS OIL」

促進耐候性試験結果|自然塗料LOHAS OIL

  • 投稿日:2022年06月20日 投稿者:外渉課
    カテゴリー:お知らせ
  • 塗料の耐候性について

    自然塗料を選択する上で重要な要素の一つに「耐候性」があります。

    塗料の耐候性を左右するのは、塗料を構成する「残留成分」と「揮発成分」の割合です。

     

    塗料の成分構成 

    塗料=樹脂+顔料+添加剤+溶剤

     

    残留成分 ※性能を決定する

    樹脂・・・天然油脂(亜麻仁油、ひまわり油、桐油など)

    顔料・・・鉱物顔料、土性顔料、酸化金属など

    添加剤・・乾燥剤(鉛乾燥剤、無鉛コバルト、マンガン)

     

    揮発成分 ※揮発して残らない

    溶剤・・・イソアリファーテ、ミネラルスピリッツ、

         オレンジピール、バルサムテレピン油など

     

    どの成分構成の塗料を選択するかでメンテナンスの回数(ランニングコスト)が大きく変わってきます。

     

    ちなみにLOHAS OILは揮発する溶剤は不使用で残留成分100%です

    更に顔料に無機の天然鉱物を使用しており、紫外線劣化しにくく、退色しにくくなっております。

     

    そこで、「百聞は一見にしかず」という事で、促進耐候性試験を実施いたしました。

    その結果は・・・

     

    4年程度色落ちしにくい耐候性を証明!!

    試験方法:JIS-K-5600(2004)塗料一般試験法 *促進耐候性試験(キセノンランプ法)

    試験内容:1000時間経過まで、目視による外観評価を行った

     

    ※栗材にLOHAS OILダークブラウン色を2回塗りっぱなし塗装を施しております。

    促進耐候性試験は一応の目安であり、塗装される樹種や試験環境以上の劣悪な状況では、
     結果が異なることがございます。また、お客様の塗装品質を保証するものではございません。
     耐候性については、雨や直射日光による自然劣化まで防ぐことはできませんので、予めご了承ください。

     

    LOHAS OILは室内外兼用できる耐候性が高い木部用自然塗料です。

    上記試験結果から考察するに、カラー顔料の剥離は約4年経過しても

    極めて少なく、「約4年は色落ちがしにくい耐候性」を備えた塗料といえます。

     

    耐候性の高い自然塗料をお探しの際は、是非ともご検討くださいませ。

     

    LOHAS OILクリアの商品購入はこちら

    LOHAS OILカラーの商品購入はこちら

    LOHAS OILカラー(木材保護塗料規格品:外装用)の商品購入はこちら

    LOHAS OILのFAQはこちら

     

    OK-DEPOT 荒木 恵