LOHAS OIL blog 「LOHAS OIL~含浸系塗料のメリットとは!~」

LOHAS OIL~含浸系塗料のメリットとは!~

  • 投稿日:2018年09月28日 投稿者:建材事業部
    カテゴリー:LOHAS material | 雑記
  • こんにちは!外渉課のすずきです!

    なんだか最近雨の日が多いように感じます。
    洗濯物の外干しができないのはなかなかつらいのですが、
    昔から雨は嫌いじゃないんですよね~

    雨の音を聞きながら眠りにつくのが好きです(^^)

     

    さて、雑談終わりにして…

    今回のテーマは『含浸系塗料のメリットとは?』です。

     

    含浸系塗料とは

    まず、塗料は大きく分けて2種類に分けられます。

    ・油性塗料 ⇒ 揮発成分が水かアルコール以外。乾燥が早く、仕上がりが良い。
    ・水性塗料 ⇒ 揮発成分が水かアルコール。安全性が高く、においが少ない。

    こういった特徴から…
    仕上がりが良くて安全性の高い塗料を作りたいと考え、
    できあがったのがLOHAS OIL(油性塗料)になります!

     

    そして、それらをまたまた2種類に分けると…

    ・含浸系塗料(自然油性塗料) ⇒ (OIL)/ 塗料を浸み込ませるタイプ。
    ・塗膜系塗料(樹脂系塗料) ⇒ (ペンキ/ウレタン)/ 塗料の膜をつくるタイプ。

    LOHAS OILはこの油性塗料の中の含浸系塗料ということになります。

     

    含浸系塗料のメリットとは

    そして本題の含浸系塗料のメリットとは?

    ①自然な風合いに仕上がる ♪

    ②無垢の木の呼吸を妨げない !!

    ③自分でメンテナンスすることができる ♪

    上から塗膜をつくらないので、無垢の手触りや感触を損ないません!
    また木の最大の特徴である調湿性も失いません!
    そして、自分でメンテナンスすることも可能なのです!
    塗膜系塗料を塗ったものはツルツルとしたきれいな仕上がりにはなりますが、
    一度剥がれてしまった塗料を再度自分で塗ることは難しいのです。
    しかし、LOHAS OILは何度でも自分で塗りなおすことができます。

     

    含浸系塗料の特徴、お分かりいただけましたでしょうか?

    もう少し詳しく知りたい方はこちらをご覧くださいませ ♪♪

    LOHAS OIL 自然油性(オイル)塗料とは

     

    外渉課 すずきりかこ