LOHAS OIL blog 「Q&A 水性塗料を塗装した箇所(木部面)にロハスオイルを塗ることは出来ますか?」

Q&A 水性塗料を塗装した箇所(木部面)にロハスオイルを塗ることは出来ますか?

  • 投稿日:2017年08月25日 投稿者:OK-DEPOT
    カテゴリー:LOHAS material
  • お客様より、

    「水性塗料で塗ってある既存の内装ドアの塗り替えをご検討中で、ロハスオイルを塗装することは出来ますか?」

    とお問合せをいただきましたので、回答をご紹介させていただきます。

     

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ご回答

     

    【水性塗料が含侵系の場合】
    塗装してから年数が経っていて、撥水性が無くなっていれば、ロハスオイルを塗装することが可能です。
    塗装してから年数が浅く、撥水性が残っている場合は、サンディングをすればロハスオイルを塗装することができます。

     

    【水性塗料が塗膜系の場合】
    表面に塗膜がはってあり、ロハスオイルが染み込まないため、塗装することは出来ません。サンディングをして、塗膜をはがすことが出来れば、 ロハスオイルを塗ることができます。
    塗膜をはがすのは容易ではないため、あまりおすすめはしておりません。

     

    ※用語説明
    含侵系塗料・・・木に染み込んで塗装する塗料
    塗膜系塗料・・・表面に塗膜を作って塗装する塗料
    サンディング・・・サンドペーパーをかけて表面をけずること

     

    いずれの場合も、撥水性が残っていないかを目立たない部分で確認していただき、ロハスオイルを塗装してください。 水を垂らしていただき、はじかずに水が染み込むようでしたら撥水性はなくなっています。

     

    撥水性についての参考画像

    無塗装(撥水性が無い状態)は、水分が無垢材に吸収されてしまいます。

     

    その他のよくあるご質問はこちら

    商品についてのお問合せはこちら

     

     

    OK-DEPOT オギハラカスミ